マナビーズを子供に食べさせる前に、親としては知っておきたいのが成分ですよね!

 

どんな成分が入っているのか、本当に安全なのか、子供に悪影響のある成分はないのか。

 

私も買う前に気になりましたが、それは全部調べることで解決しました。

 

ここに調べた結果をまとめておきましたので、私のようにマナビーズの成分が気になる!という人に見てもらいたいです。

 

できるだけ分かりやすく書いたつもりですので、良ければ読んでみてくださいね。

>>割引価格で手に入れる

manabees(マナビーズ)の成分について

 

まずマナビーズに入っている成分についてです。

 

・ホスファチジルセリン(通称PS)

・ザイナマイト

・マルチビタミン

 

この3つが主な成分となっています。

 

manabees(マナビーズ)にアレルギー成分は使われている?

アレルギーが現れると言われている

 

・特定原材料7品目

・特定原材料に準ずる20品目

 

これにマナビーズは該当しない、と公式サイトでも書かれています。

 

ただすべてのアレルギーが出ないというわけではありませんのでご注意くださいね。

 

もし貴方のお子さんが上記の品目以外のアレルギーをお持ちという事でしたら、マナビーズを食べる前に小児科などで先生にお話を聞いてから食べさせてあげることをオススメします。

 

ほぼないと言えますが、万が一ということもありますのでお子さんのためにしっかり下調べしてあげましょう。

 

manabees(マナビーズ)に副作用はある?

 

口に入れるものですので、どうしても気になるのがマナビーズを食べることでの副作用ですよね。

 

でも成分を調べた限り副作用の出るものは一切入っていないようです。

 

マナビーズを食べて頭痛がしたとか、腹痛を起こしたという口コミも見当たりません。

 

中には味が好みではなかったというものがありましたが、それは個人差ということで(笑)

 

もしもマナビーズにカフェインが使われていたらもしかすると不眠などの副作用が出ていたかもしれませんね。

 

なにより、マナビーズを作るうえで専属の栄養士がアドバイスをくれたということなので信頼できると思います。

 

子供の体を一番に考えて作られているんだと私でも感じることができました。

 

マナビーズの甘みを出すために天然甘味料が使われていることも栄養士の方が褒めていましたね。

 

砂糖は体に悪いと近年騒がれていますから、砂糖の代わりに天然甘味料が使われていることに私もホッとしています。

 

manabees(マナビーズ)の成分まとめ

 

マナビーズの成分を改めてまとめます。

 

ホスファチジルセリン、ザイナマイト、マルチビタミンといった成分が含まれていますが、どれも問題ありません。

 

子供に影響のある効果や副作用なども現在みられませんので安心してマナビーズを食べさせることができますね。

 

マナビーズの成分を知ることでもっともっと明るい未来が見えるようになってきました。

 

1人でも多くの人がこのことを知って、お子さんにマナビーズを食べさせてあげてほしいと思っています!

>>割引価格で手に入れる

おすすめの記事